スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top.  -.  -.

ブログ お引越し 

 

してみることにしました。


素敵な壁紙がいっぱいあって、とても気に入っていたのですが、
携帯からも、もう少しサクサク更新できるように してみようかと。

今まで、どうも ありがとうございました!


新しいブログ  よかったら、のぞいてみてください☆

http://fuwarisalon.blog.fc2.com/





















▲top.  comments(0).  -.

ありがとうございました!








写真展、無事に終わりました!


2日間で、ナント200人近くの方が来てくださいました。

駅から遠くて、しかも北風の吹く中、
みなさま、本当にありがとうございました。

楽しんでいただけたかなぁ。

お友達のミキちゃんも埼玉から駆けつけてくれ、
ブログで紹介してくれました。

「いただきます ごちそうさま」
http://ameblo.jp/harpcafe/entry-11148822939.html
ありがと!!


久しぶりに会う友達もいて、もっとゆっくりいろいろ話したかった、とか。
荷物やコートを置く場所をもっとちゃんとやっけばよかった、とか。
椅子もっと用意すればよかった、とか。


思い残しは、いっぱい。

でも子供たちが、あまり愚図らずにゆっくり楽しく過ごしてくれたことが、
嬉しかったです。
こういう所って、だいたい子供はじっとしていられないから、
何だか、ソワソワ・バタバタでゆっくりできないもの。

あっ!
でもきっと、ママ達がしっかりしてたんだな〜。


だってはるサンが、一番暴れてたかも(汗)

そんな、はるサン。
仲間や久しぶりの友達に会えて、楽しさ・嬉しさ全開っ!








なっなんだ、その鼻水と、 うしろのポールダンサー(笑)
 






12月。
6メートルの布を、鴨池公園に広げて
子ども達と、絵具だけを置き、野放しにしてみました。

最初は、色を混ぜる実験に夢中。
その次は、ボディーペインティングで、
アバター増産!

ちょっと、まわりの熱い視線を感じつつ
なんとか、出来上がり。

その上に、その時の写真を
無造作に貼っていきました。

ライブ感、伝わったかなぁ?





今回は、写真を「コラージュ」で表現することに初挑戦!




子供用に
段ボールキッチンや
扉をつけたオモシロ写真コーナー


この段ボールキッチンは、はるサンが小さい頃に作ったもの。
キッチン遊びがホントに好きで、
でも男の子だから、買ってもすぐに飽きるよね〜
なら、作ってみるか、と。

でも、意外に、3年も遊びこみました。
そのせいか、今はリアルキッチンで邪魔・・・いやいや、手伝ってくれるように(笑)

充分、遊んだね。

無事、新しいお友達のお家にいく事が決まりました。
修理しながら、楽しんでね!





震災支援のチャリティーポストカード販売も
たくさん、ご協力いただきありがとうございました。






働く母たちが、こうしてカをあわせて
頑張れたのは、
やっぱり、子供たちと
お母さんたちの笑顔をいっぱいみたいから。

でも、毎日、どこでもここでも
子ども達の笑顔は溢れている。


大人の私たちも、自分の人生、

もっと楽しんで
もっと自由に
もっと表現して

いいんだよね!!




本当に、ありがとうございました!











▲top.  comments(0).  -.

くもより うちゅうより ・・・・・







 くもより うちゅうより 〇〇〇 だいすき!

ココロに詰まった たくさんの想いを表現する この言葉が、
おもしろくて、かわいくて。

写真展のサブタイトルになりました。


はるチャンね〜
くもより、うちゅうより〜、プリンだいすきっ!

はるチャンね〜
くもより、うちゅうよりぃ〜、パンだいすき〜!

最近は、バージョンアップして、
はるチャンね〜
くもりより、うちゅうより、 かみさまよりぃぃ〜、ジョージだいすき〜! 

極め付け。
はるチャンね〜
くもより、うちゅうより、うちゅうのひゃくまんよりぃぃ〜、おかあさん だいすき!


母(ポッ) イヤ〜〜ン、もう一回、言って! 
(はい、親バカですけど、それがなにか?)


こんなふうに、両手を、ちぎれそうになるくらい大きく広げて、
時々椅子から転げ落ちるくらいに、キモチを伝えてくれる、ちっちゃいヒト

照れ屋の大人には、たまりません

夜な夜な、
写真展に備えて、小さい頃からの写真を見返してます。

あらためて、
この子は、本当に、日々 少しずつ少しずつ 
手も足もココロも成長していったんだと、
実感しました。


どの時も一緒にいたはずなのに。
今日も少しずつ大きくなっているのに。
こうやって見返さないと、気づかないことがいっぱいだ。

  


                    




今週末、写真展本番です。

やばい、やばい。手を動かさなきゃ!

        
こどもたちのはじけるココロ・こぼれるキモチを
写真の中にすくってきました。
ぜひ、お子さんと、家族と、大事な人と見に来てください。


  写真展 「 Live  くもより うちゅうより 」

2012.1.28(土) 11:00 - 17:00
2012.1.29(日) 11:00 - 16:00

cafe gallery linden
  カフェギャラリー リンデン

横浜市青葉区もえぎ野22-25     045-532-5288
藤が丘駅から徒歩10分

<参加アーティスト>
イワサキナオミ
りえっち
kihara ai
きくいりゆきこ

          


よかったら、見に来てきてください!









▲top.  comments(0).  -.

写真展やります!







写真を撮るのが、ただ好きで・・・・。
それだけで、ここまできちゃいました!

毎日、小さなヒト達と過ごしている母4人で、月末にグループ展をやります。

小さなヒトたちは、毎日が全力。
食べるのも、お風呂も、着替えるのも、靴はくのも、お手伝いするのも、お絵かきも、寝るのも、泣くのも、怒るのも、ウ〇チするのも(笑)

まだまだ、動物です。

そんな部分を、こっそり撮りためたものを、集めてみました。

よかったら、遊びにきてください!





          

こどもたちのはじけるココロ・こぼれるキモチを
写真の中にすくってきました。
ぜひ、お子さんと、家族と、大事な人と見に来てください。


  写真展 「 Live  くもより うちゅうより 」

2012.1.28(土) 11:00 - 17:00
2012.1.29(日) 11:00 - 16:00

cafe gallery linden
  カフェギャラリー リンデン

横浜市青葉区もえぎ野22-25     045-532-5288
藤が丘駅から徒歩10分



<参加アーティスト>
イワサキナオミ
りえっち
kihara ai
きくいりゆきこ



          


写真展をやりたいね、という話しが出たのは、確か・・去年の2月頃でした。
その時はただ、ドキドキとワクワクで、いっぱいだったのを覚えてます。

その後、あの東日本大震災が起こりました。

あの日から、私のココロの中は大きく変化しました。
多くの人が感じたように、私もまた「楽しむ」ことを自粛しなくてはいけないと感じてました。
その、ずっと罪悪感を抱えての写真作業が、とても苦しくて。

何度も、やめようと思ったのです。

でも、私が沈んでいる事が、一番苦しかったのは、誰でもない、息子 でした。

この子達の笑顔や好奇心。
あの日を境に、何も変わってない。
目の前にあることを、全身で受け止めている。

あの震災も、原発被害も、まるっと受け入れてる。

その子達を丸ごと、受け止めたい。
毎日、社会は何も変わってない様な気がするけど、
少なくても、私のココロのいるところは、震災前とは違うところ。

これは、まぎれもない事実だから。
それを信じようと思う。



一番守っていきたいのは、子供たちの未来と笑顔と好奇心と・・・・。
子供たちは、いつの時代も、たからものだから。


写真展まで、集中していきます。


よかったら、遊びにきてください^^









▲top.  comments(2).  -.

新年!


 


遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます!

去年は、心を揺さぶられる出来事が本当にたくさんあったけど、
こうして新年を迎えられたことに、感謝します。

今年の目標は・・・たくさんあるけど、
まずは、少しでも多く自然の中で過ごすこと。

私の身体がずっと、そういうサインを出していたけれど、
なかなか時間が作れなくて。
っていうか、後回しにしてきたのです。


でも、気持ちを切りかえ、
今週からちょこちょこ行く予定を立てました。
行動に移さなきゃ意味ないよね。

少し、ゆったりと 人生と味わいたいと、思うのです。
たぶん、自然な年の流れが、そう促しているようです。


それと、脱原発の活動。

いろんな考え方のあるなかで、
揺れに揺れていたけれど、
なんてことはない。
帰ってきた、という感じです。

やっぱり、信じるべきものは、
自分の直感。

でも、原発や放射能の問題って
本当に深い。

百人いれば百人違う環境や思考のある中で、
ひとつの問題の着地点を見つけるなんて
到底無理な話しだけど。

でも、それでも考え続けていく。





うふふ。

なんか、暗い感じの挨拶になってしまってる!


こんな感じで、今年も不器用にやっていきます。



さて今日は朝から、はるサンと台所。

・ごま塩作り
・アロマスキンクリーム作り
・ヘアリンス作り

アロマクリームは本当に大好きで、
ひとつひとつ、匂いを確認しては
うっとりしてます。(将来が不安だぁ・・・)
一番のお気に入りは・・・ラベンダーだって(きもっ!笑)

そしてそして、頂きものの、山のような里いもの皮むき。


我が家の男子、厨房に入りまくりです。



料理や台所にはいらんと、嫁にきてもらえんからね!



こんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いします








▲top.  comments(0).  -.

反省。





今日の心の中は、涙でいっぱい。


いつも、穏やかに過ごしていると思われているけど
決して、そうではない事も多い。


我が家は旦那さんが仕事のため不在がちで
基本ふたり暮らし。

仲が良い時は、楽しいけど
子どもを怒ると、そのあとがお互いが逃げ場がなくて
とても、しんどいのです。

怒る理由は、単純なんだけど
やる事をやらないので、やるように促したら、
思いっきり文句を言われ、

母さん、キレてしまった。


もっと、肩の力をぬけばいいのに、とわかっているのに、
どうしてもできない時がある。

たぶん、それは自分の心の問題で
もしかしてあの時、ニュートラルな状態は子供の方だったのかもしれない。

と、泣きながら寝ていった顔をみながら思った。

眠る前に抱きしめてあげられたら、よかった。

ごめん。


こんな繰り返しを、何十回やっているんだろう、私。











▲top.  comments(6).  -.

やさしいお産 プチカフェ



 


さ、さむい。

風邪、大丈夫ですか?
この時季は、首を温めておくのが一番です。


最近、ツイッターhttp://twitter.com/#!/39Huwari  と

フェイスブックを、はじめてみました。

先日の鎌仲さんの言葉で、何かアクションを起こしたいな、と。


でもでも、まだまだ情報の波に流されやすい私は、上手な使い方には遠く及ばない感じで。

目の前のことも大事にしながら、上手にみんなとつながっていけたらいいな〜。





さて、お世話になっている、助産師まみこさんのプチお話会が、今週末三軒茶屋で開催されます。
ピンときた方、お待ちしております〜^^




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『やさしいお産プチカフェ (ベビーの会)
   〜助産師真美子さんを囲んでのお話会〜』 開催のお知らせ


助産師真美子さんを囲んで、ベビーとママが癒される、心温まる優しい、
ちょっとスピリチュアルなやさしい出産、育児の
お話会です。

今回は、赤ちゃんやお子様のちょっと気になること、
心配なこと
普段なかなか聞けないことなど
赤ちゃんの味方で、ママの応援団の
真美子さんに
何でも自由に相談してください。

これから、だんだん乾燥してくる時期になりました。
気になる赤ちゃんやお子様の肌の乾燥、湿疹、アトピーのこと。

おっぱい出ないけど母乳マッサージは痛いから相談できない・・と、
悩んでいるママへの母乳で育てるコツ。

赤ちゃんってなぜ泣くの?

わたしのこの育児で大丈夫かなあ?・・など。

心配な放射能から赤ちゃんやお子様を守ること、安心するちょっとしたコツも、聞けるかも。

みんな悩みながら育てていて、
自分だけじゃないって感じると、安心します。
たくさんの情報がある中で、何をどう選ぶか?
赤ちゃんやお子様を育てるコツをみんなで相談し合いながら、話しましょう。
とびっきりのヒントが得られたり、
本当の悩みを話しているうちに、本当のママ友にも出会えるかも。

育児の悩み、不安、モヤモヤを手放すことで、
身も心もすっきり軽くなってママが笑顔になれば、
ベビーもニコニコになります。
笑顔になれば、運が良くなります。

真美子さんの育児の失敗談も交えて、素敵なお話が聞けます。
また、イメージェリー(催眠療法)を取り入れ、身体と心のリラクゼーション体験もあります。



  【日 時】2011年 12月3日(土)午前10:00〜11:50 9:45〜受付
      
  【場 所】カフェOHANA (三軒茶屋駅 徒歩2分)
        TEL 03-5433-8787 
        
http://www.cafe-ohana.com/
  
  【参加費】2000円(酵母ジュースとレシピ付き)
       ☆カフェOHANAさん自家製酵母ジュースは、放射能予防におすすめです。

今回のドリンクは、カフェOHANAさん自家製酵母ジュースです!
この酵母ジュース、放射能予防に良いそうで、お子様におすすめです。
薄いリンゴジュースのお味で微炭酸です。とてもおいしいですよ。
ご自宅でも作って頂けるように、嬉しいレシピ付きです。


        ご自宅でも作れるように、レシピをお付けします。
       ☆乳幼児は無料です。小学生以上高校生までの方は、
        1ドリンクオーダーください。
       
  【定 員】10名
  
  【講 師】齊藤真美子助産師
       「助産師 齊藤真美子」助産院 代表
        エンジェルヒーリング代表 
        
http://blog.livedoor.jp/angel_healing/
        
  【申し込み】 
m.fjt-kin29@r8.dion.ne.jp (藤田雅美)

        お名前、連絡先(メールアドレス・電話番号)
        お子様連れの場合は 人数と月齢 をお知らせ下さい。
        
        2日以内の返信を心がけておりますが、万一返信の無い場合は
        恐れ入りますがメールの再送をお願いいたします。

  【問い合わせ】TEL 080-3353-0251(藤田雅美)
         TEL 090-3682-8522(助産師・齋藤真美子)

****************************************
☆講師の齋藤真美子さんよりメッセージ☆

・どんな出産でも、それが赤ちゃんからのプレゼント!
 自然はいい、
 でも起きたことがベスト。
 赤ちゃんは出産のプロデューサーだから。

・母乳や育児を通して、ママが磨かれる!
 赤ちゃんの為!と思ってがんばっていたら、ほとんどがママのためだったりする。
 母乳に優しい食事はママが若返る食事。
 
・あなたは赤ちゃんが信じて選ばれたママ。
 赤ちゃんは、ありのままのあなたが大好きだよって心からどうしても伝えたくて
 あなたのところに生まれてきたんだよ!
 だから、自分自身を信じて
 あなたならできる。
 だから、いつも自然でいい。
 自分らしさをもっと愛していい。

・みんなよくなっていく
 あなたの人生は、幸せになるように導かれています。
 一見必要そうではないことも。
 すべて必要な「いいこと」しか起こらない!

 でも、一人ではみんな気がつけない。
 幸せは気がつくもの。
 気付かないときもあるから、みんなで手放しましょう。
 自分の中にあるものを手放すとその分ラッキーなことがやってきます。
 手放し上手は生き上手。

 聞きたい答えは自分の中に見つけられる。
 助産師まみこが、そばに寄り添って、手放しながら自分自身の中の答えを見つける
 お手伝いをします。

 妊娠や出産、育児の不安や悩みを一人で抱えずに、手放してみませんか?
 そして赤ちゃんからのメッセージに耳を傾けてみてください。
 一緒に温かい時間をすごしましょう。
   
*****************************************

*会の終了後、お時間のある方は、カフェOHANAさんの
 玄米菜食、ベジーなランチをどうぞ! (ランチは別料金です)

*お子さん連れには 小さな遊び場、おむつ替えスペースもございます。

★たくさんの皆様にお会いできて感謝です!ありがとうございます!




いつものお産カフェより参加費もお安いのもお得です。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。





▲top.  comments(2).  -.

変わるタイミング





鎌仲ひとみ監督が、保育園にやってきました。

ディスカッション形式で進められた講演会。

いろんな人の考え。
立場が違えば、主張も変わる。
正解のない この問題。

とても、勉強になりました。


そして、講演会の内容を
ツラツラと並べようと思って、書いていたけど

・・・

消しました。


そう。
情報は、得ようとすればいくらでも得られる時代。


参加者から、
「何かしたいけれど、私たちは何をすべきなのでしょうか?」

という、問いに

「あなたは、この震災で、何か生き方を変えましたか?
スーパーで、野菜を選ぶようになったという事ではなく、
社会に対して、何かアクションを起こしましたか?

自分から変わらなければ、何も起こせません。

なぜなら、そういう「無関心」という無意識の集団意識が
今の日本を作り上げてしまったんですから」

と、はっきりおっしゃった鎌仲さん。


わたしたちは、自分の意志や思想と とことん向き合うという経験・訓練が
乏しかったのは事実。

でも、だから そこで止まっていい訳じゃない。

気づけたら今日からでも、それは変える選択ができる、はず。



人目を気にして当たり障りなく生きていくより、

自分の歩幅で

「自分」 

を 生きたいと、再確認しました。



大きな収穫です。












▲top.  comments(0).  -.

ただいま


 

嵐のような日々が去って、やっと、ここに座る時間と気持ちの余裕ができて、
なんだかとても幸せ。
自分の原点に戻れたような。

バザーが終わり企画したイベントも終わり、
今日までたくさん泣いて、笑って、怒って、落ち込んで・・・。


でも、それも、もう過去のこと。

変わらず、足元の草花たちは一生懸命に生きていて。
恩恵をもらって、あたえて、生き続けている。

私たちも、本当は その歯車のひとつにすぎないのに。



バザーまで、あまりかまってあげられなくて、悲しい想いをさせてしまったはるサン。

去年と同じコース(アイス5個食った!)をたどって、
おもちゃやゲームやぬいぐるみも買って、楽しんでいたよ。




でも、去年とひとつ違うお買いもの。





「はい、おかあさん。プレゼント」

バザーに出店していたお花屋さんで、買ってきてくれました。



泣いていいっすかー!

どんな言葉よりも、何よりも嬉しかった。

小さな「こども」から、大きな「愛」の贈りもの。



おうちに帰って、あらためて「ありがとう」を伝えたら

照れちゃって、必死にごまかすヒト。

そんなところが、ダイスキだよ!









おかあさん、嬉しかったよ。

ほんとうに、ありがとね。








▲top.  comments(4).  -.

被災地へ行ってきて






書きかったのですが、ずいぶん更新できずにいました。


9月末、保育園のボランティア委員会のメンバーと、
宮城の多賀城市の仮設住宅へボランティアへ行ってきました。


一見は百聞にしかず。


ネットや知り合いからの情報で、理解していたつもりでも、
現地に行ったらそれが、どんなに薄っぺらいものだったか、叩き付けられました。


「力になりたいです」「一緒にがんばりましょう」 「応援しています」
どんな言葉も、浮ついた薄っぺらい言葉にしか聞こえない感覚でした。


震災で、心が負けてしまっても、家族がバラバラになってしまっても、
家が丸ごとなくなってしまっても、

それでも、生きていかなければならない。


ボランティアって、支援ってなんだろう・・・。
あらためて考えさせられました。


はっきりした確信は、まだまだないけど、

いま、思うのは、

「続けていくこと。」

一回限りの自己満足的な支援は、ただの自己陶酔。
と思わずにはいられない空気が、現地には充満していました。


 

自分たちの生活もあるから、毎日被災地の事を想い続けて生きていくのは難しい。

けど、せめて月に一度、毎月11日は「被災地に想いを馳せてみよう」という気持ちから
はじまったフリーマーケットを毎月保育園でやっています。

父母からの献品や野菜販売、そして先月は保育士の先生の持ち込みで
希望のかつお節も、販売しました。
http://kibounowa.jp/seisan-maruhey.html

私たちの保育園では、もう30年も前から茨城の自然農法をしている農園の野菜で
子供たちに美味しい給食を作ってもらっていました。

けれど、原発の事故が起こり、園でたくさんの話し合いを続けた結果、
結局、今はここのお野菜を使っていません。
でも、野菜自体の力は、すごいあるのです。
なので、私は子供以外が食べてほしいと思っています。

鈴木農園(保育園では毎月11日の活動でも販売してます)
http://suzukinouen.tobiiro.jp/


けれど・・・・。
すでに汚染は福島周辺だけに留まっているわけではありません。
安易に東北のもの以外は、という選択だけでは大事なものを守れない時期に入ってきています。

苦しい選択です。

子供を守るのは、マスコミの情報や国じゃない。
という事に、もう、気づかないといけないと思います。


19日(土)、保育園では、鎌仲ひとみ監督を招いて講演会&討論会を行います。
鎌仲監督は、低線量被曝・原発と共に暮らす人の苦悩・再生可能エネルギーのことなど、
決して、マスコミに取り上げられることが限りなく少ない題材を取材して、ドキュメンタリー映画として作成している方です。

映画は、自主上映というカタチで、全国で上映されています。
機会があったら、一歩、踏み出してみてください。


「ミツバチの羽音と地球の回転」
http://888earth.net/index.html

「HIBAKUSHA」ヒバクシャ
http://www.g-gendai.co.jp/hibakusha/

「六ヶ所村ラプソディ」
http://www.rokkasho-rhapsody.com/


鎌仲ひとみ監督ツィッター
http://twitter.com/#!/kama38



もう、人任せにするのは、卒業したい。



そう、東北で出逢ったおじいちゃん。
いろんな話しを聞かせてくれた。

最後に、
「お金持ってたら、遊覧船乗って行ってな」と。

今回は時間なかったから、今度行くときは、絶対乗って観光しまくろうと思う。

お金を使うことも立派な支援。

みんなも行ってほしいな。
忘れないためにも、支援のためにも、同じ日本の現実をみてほしい。


きれいなところ、いっぱいあるよ。



▲top.  comments(0).  -.
|1/9 PAGE|>>

Profile

Others

▲ top ▲